監査法人で勤務する会計士に求められる英語力とは?

監査法人に勤務する会計士にはどこまで英語の力が求められるのでしょうか。過去に海外に住んでいた経験と実際に英語を使用して監査を行っている立場から、監査法人で求められている英語の能力について思うところを書いてみました。

スポンサーリンク

監査法人の会計士はどういった業務で英語を必要とするか

そもそも会計士が英語を使用する場面はどこなのでしょうか。

結論から言ってしまうと、日本にいる会計士が英語を使用する機会は、海外の監査人とのやり取りがほぼ全てです。続いて海外出張に行くケース、残りは入手した英語の資料を読む場合でしょうか。日本にいる限りクライアントの方と英語を使って会話するケースはほとんどありません。

海外の監査人とのやり取りで英語を使用するケース

担当している会社が海外に子会社を保有している場合、監査法人は同じネットワークファームに所属している海外の監査人に対して海外子会社の監査や監査手続を行うように依頼します。そのやり取りの際に英語を使用することとなります。

Wiring and Reading面の英語力について

実際に監査を行ってもらいたい内容については監査指示書というものを英語で作成します。監査指示書の基本的な内容はフォーマットがあるものの、個別に内容の修正を行ったりする場合に英語の読み書きの能力が必要となります。

また監査指示書を送付するに当たって実際に現地の監査人との英語でのメールのやり取りが必要となります。これには、監査指示書の送付、提出物送付の督督や内容に関する問い合わせが含まれます。

そのため、まずこの監査指示書を英語で作成する能力、また実際に海外の監査人とメールでやり取りするレベルでの英語力が求められます。

このレベルで英語の資料を作成する機会は大手監査法人に所属する会計士であればほぼ全ての会計士に該当します。そのため、最低限WritingやReadingでの英語力は求められますが、全くできなくてもできる人がやってくれたりします。

Listening and Speaking面での英語力について

メールで全てが完結できれば問題ありませんがそういった訳にもいきません。メールでは内容が分からなかったり、急ぎの要件がある場合には、現地の監査人と直接電話会議を行うことがあります。

監査する会社の規模が大きくなればなるほど、子会社がある様々な国の会計士と話をする機会があります。アジアからヨーロッパや北米など様々な国の会計士と会話をすることとなりますが、当然どこの国であれ会議は英語で行われます。これもアジア相手であればまだ簡単ですが、北米やヨーロッパとなるほどレベルが上がります。

私もアジアの会計士相手に英語で会話を行うことがあります。ただ、アジアと言っても英語の種類は様々です。中国系の英語は聞きにくい気がしますし、フィリピンとかの英語は聞きやすい気がします。

しかし、アジアで英語を話す国はどこの国であれ、ある程度相手の会話を斟酌してくれるような気がします。これはアジアの国はどこも英語が母国語ではないという事情が大きいと思います。

一方でヨーロッパや北米の英会話はスピードが圧倒的に上がります。私も参加することはありますが聞くので精一杯ですし、内容をぽろぽろ落としているという感じです。

実際に現地監査人と英会話でやり取りできる人は、それがアジアレベルでも北米レベルでも監査法人では大分重宝されます。基本的に英会話に自信がある人のみが英語での会議に参加することになりますが、北米レベルの英会話でも問題なく対応できる人は監査法人全体の5%もいないような気がします。

海外出張に行くケース

監査法人で働いていると海外出張に行くケースがあります。これも主に担当している会社の子会社がある国に行くケースが多くなります。

海外出張に行けば現地の会社担当者や監査人と英語で会話することがあります。しかし、担当している会社の規模にもよりますが、海外出張に行くケースはマネジャーであっても年に1回あるか否かくらいだと思います。多い人では年に5、6回とかあるかもしれませんが、それは英語に心配のないレベルのパートナーのケースではないでしょうか。

英語の資料を読む

これもまれにですがあります。海外からの送金資料や輸出入に関する資料については英語で記載されているものが多くあります。また、英語の契約書を読むケースもあるでしょう。

クライアントと英語でやり取り

上述しましたがこれはあまり無いと思います。そもそもクライアント側で英語が必要であれば、クライアントの会社の人がやりとりを行うためです。

以上まとめると以下の通りです。

頻度 Writing and Reading Listening and Speaking
①現地監査人とのやり取り 多い
②海外出張 まれにある
③英語の証憑 まれにある
④対クライアント ほとんどない

英語ができない会計士は出世できないのか

英語ができないと監査法人で出世できないのか?と言われると、英語できなくても出世している人はたくさんいます

監査法人でパートナーになるには自分が監査法人に対して何を提供できるかを示す必要がありますが、それが英語である必要は無いということです。むしろ英語だけできるからと言ってパートナーになっている人はいないと思います。監査の品質、営業力、IPOやパブリック等特定の分野でスペシャリストとなりパートナーとなっている人の方が圧倒的に多いです。

ただ、英語ができる能力が出世にプラスアルファに働くことは間違いないと思います。特に北米レベルで英会話でやり取りできる人材はかなり貴重です。そのレベルまで行けば出世に影響するでしょう。

結局求められる英語力とは

結局求められる英語力とは、まずは読み書きだと思います。そのうえで、話す聞くの能力を伸ばしていく必要があると思います。

もしこれを読んでいるあなたが英語の勉強をしたいのであれば、まずはTOEICの勉強がてら受験時代の読み書きの復習から始めるのがいいのではないでしょうか。それで特に不自由が無くなってくれば、TED等を利用して話す聞くの能力を伸ばすのがいいと思います。

監査法人も英語ができる人材を多く必要としているため、その人のレベルにあった研修を数多く準備しています。入門レベルの英語研修から、英語だけで行われる研修、更には短期留学の制度もあります。それらを受けて更に英語の能力を伸ばしたいと思うのであれば、海外赴任という選択肢もあるでしょう。

北米の会計士相手にも問題なく英会話できる人でも、監査法人に入ってから英語の勉強を始めた人は多いです。正直なところ受験レベルでどれだけ英語ができたかよりも、海外に赴任して、実際に英語漬けの環境に身を置く方がはるかに重要だと思います。そのため、今できないからと言っても特に気にする必要は無いと思います。

以上、会計士に求められる英語力という記事でした。

スポンサーリンク

フォローする