弥生会計のお勉強

弟の会社が記帳代行を依頼しているのですが税理士変更を考えており、独立したら私が引き受けたらよいなと考えていました。そこで記帳代行のお勉強を兼ねて弥生会計(体験版)を使用してみました。

スポンサーリンク

弥生会計士使用した感想:使いやすいと思いました

結果的にはとても使いやすいなと思いました。色々理由はあるのですが主に以下の点でしょうか。

かんたん取引入力

収入や支出に基づいてタブ選択方式で勘定科目を入力していく「かんたん取引入力」が使いやすいと感じました。タブ選択方式だと次の項目に移動して入力の繰り返しといった作業が省略できるのが使いやすいと思います。

スマート取引入力

今どきの会計ソフトでは普通なのかもしれませんがネットバンキングから登録すれば通帳取引を自動で転記してくれるようです。残念ながら体験版では使用できないのですが、こういった機能は必須ではないでしょうか。通帳にらめっこしながら取引を1つずつ入力するのはつらいと思います。

見やすい

何より全体的に見やすいと感じました。1つ1つの項目が大きく見やすいのは、継続的に利用する会計ソフトでは大事かと思います。

私が使用したのは弥生会計20プロフェッショナル版と呼ばれるものの体験版でした。スマート取引入力や決算締め作業は体験版では利用できないのですが、この辺りはライセンス認証を行った後に確認したいと思います。

スポンサーリンク

フォローする