記帳代行にかかる料金はいくら?仕訳の数によって変わります

親族の会社(売上高は約5億円)が月次で記帳代行と給与計算(20名程度)を依頼しており、その税理士に対して月10万円ほど支払っていました。

でも、これって高いのか?安いのか?税理士ってあまり変えないので相場って分からないですよね。そこで相場を調べてみました。

スポンサーリンク

記帳代行の料金はどう決まる?

顧問税理士とは基本的には月次契約となっています。一回契約して毎月いくら、決算時の申告書に月次報酬の数か月分を支払うというものです。

顧問料

大阪府下の顧問税理士の報酬を調べてみました。売上高5億円程度で人員数が20人程度の場合、だいたい月額7万円から10万円くらいでしょうか。

記帳代行

記帳代行だけ請け負うケースというのはあまり見られませんでした。顧問料にいくら上乗せというケースが多いのです。例えば月次顧問料に5千円上乗せなどというケースが多いようでした。

まとめ

やはり外部に委託する場合には10万円程度かかるのが普通でしょうか。給与計算も含めた場合にはもう少し高くなるようです。

スポンサーリンク

フォローする